×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイピング・データ入力のスキルアップと求人

タイピング

タイピングは、データ入力やデータ管理、そのほか、パソコンを使う仕事をしている人などにとっては、必要なスキルとなっています。タイピングは、スピードと正確さを必要とされます。大量のデータを限られた時間の中で入力するためには、タイピングのスピードが速いほうが、仕事を時間内に済ませることが出来ます。更に、正確さが伴っていれば、仕事の処理時間も短縮出来ます。

 

 

そうしたことから、データ入力やデータ管理などの一般事務や経理といった仕事においては、特に、タイピングのスキルが求められます。

 

また近年においては、パソコンの普及によって、タイピングのスキルも、ただキーを速く正確に打てるだけでなく、ブラインドタッチという、画面を見ながらタイピング出来る技術も、当然のことのようにタイピングのスキルについてくる場合があります。パソコンがまだ普及していなかった頃は、ブラインドタッチが出来る人は、それだけですごいスキルを持っているとされていましたが、近年のパソコン普及によって、誰もが一定のスキルを持ち合わせているものだという先入観や価値観が定着しつつあり、ブラインドタッチは、今や、タイピングのスピード、正確さに加え、データ入力やデータ管理、経理といった仕事においては、持っておきたいスキルとなっています。

タイピングのスキルアップ

タイピングのスキルをアップさせるためには、タイピングの練習をするしかありません。パソコンのキーを打って、打って、打ちまくって、手に、どのキーがどこにあるという感覚を覚えさせることが、スキルアップの一番の近道でしょう。

 

しかし、ただ闇雲にキーを打っていても、なかなか手がキーの位置を覚えてくれないものです。それは、良く使う言葉や、その人のキーを打つリズムというものがあるからです。文字を打つ際には、話すときと同じように、自分が良く使う言葉や、その言葉を発するときのリズムというものがあります。それを手に覚えさせるためには、文章で打つ練習をすることが1番良いと考えられます。練習材料としては、例えば、好きなアーティストの歌詞を打ってみるとか、日記をパソコンでつけてみるとか、そういった身近にある文章を取り入れると良いでしょう。

 

タイピングの練習には、タイピング練習ソフトなども出ており、利用するのも良いですが、データ入力などにおいては、文字や数字を使います。扱う言葉は、乱雑に並べられたものではなく、意味を持った文章や数字です。そういった点からも、文章を打つのに慣れて置くというのは、良い方法だと考えられます。まずは、良く使う言葉から速く打てるように手を慣らしていって、その後、乱雑な文字列でも打てるようにソフトなどを使って練習すると良いのではないでしょうか。

データ入力に必要なスキル

データ入力に必要なスキルは、タイピング技術だけではありません。ワードやエクセルなどを使いこなす技術も必要になってきます。

 

企業で働く場合には特にそうですが、データ入力といっても、企画書や社内広告、案内書など、さまざまな書類を作らなくてはならない場合があります。そういった場合に、ワードやエクセルを使いこなせると、短時間で多くの仕事をこなせるほか、多くの仕事を任されるようになるかもしれません。

 

ワードやエクセルは、日常的に使うことはほとんどないでしょう。そのため、タイピングとは違い、練習する材料を見つけること自体が困難になってきます。例えば、友人に手紙を出すときや、キャンプなどの案内状など、ちょっとした送り状を出すとき、ついつい便箋やはがきで済ましてしまいます。そこでワードで作ってみると、練習の材料になります。また、家計簿をつけるのにエクセルを使って整理してみるのも、練習材料になります。

 

こうした日常にあるもので練習するということも、スキルアップに繋がるのではないでしょうか。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


スクールでスキルアップ

日常の生活の中で、タイピングやワード、エクセルといったパソコンに関するスキルをアップさせることも出来ますが、専門的に、そして、より速く技術を身に付けたいと考えるならば、スクールに通うと良いでしょう。パソコンについての知識は、パソコンが普及し、日常的に使っていたとしても、パソコンにおける機能を全て使いこなしている人というのは、そんなにはいないでしょう。使う目的がある機能以外、使う機会を見つけるということは、なかなか難しいものです。

 

しかし、パソコンスクールでは、そうした日頃使わない機能においても、知識の1つとして教えてくれます。そのため、タイピングにおいてで言えば、わざわざ打つ文章を探さなくても、スクールが文章を用意してくれますから、練習材料に困りません。また、ワードやエクセルにおいても、常に練習材料を提供してくれるため、日常生活の中にあるものを練習材料とする必要がありません。また、スケジュールが組まれているため、短期間でのパソコン知識の習得が出来ます。しかし、費用が掛かるのがデメリットです。

 

また、派遣会社や人材紹介会社などでは、登録者を対象に、パソコンスキルの向上を目的としたセミナーや研修を行っている場合があります。これは、未経験者でも良い条件で企業に入社してもらう目的もあり、パソコン知識がない人に対しても開講しています。そういったものを利用すると、費用を掛けることなく学ぶことが出来ます。また、提携しているスクールに割引料金で通うことも出来るため、利用すると良いでしょう。

データ入力の仕事求人

データ入力の仕事は、未経験から経験者まで、たくさん求人情報があります。また、どんな求人情報サイトにおいても、扱われている仕事です。

 

特に、データ入力の仕事を多く扱っているとして人気を得ているサイトは、ウェブアン(an)とリクナビ、フロムエーです。

 

ウェブアンやフロムエーでは、データ入力のアルバイト情報が豊富に揃っています。また、リクナビでは、同じデータ入力でも、時給が高いとされている派遣情報を豊富に扱っているサイトとなっています。

 

データ入力の求人においての条件も、未経験から、ワードやエクセルが使える人などとなっており、タイピングのスキルについては触れていませんが、タイピングのスキルは持っておいた方が、仕事を多くこなすためには良いでしょう。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


タイピング・データ入力のスキルアップと求人エントリー